●欧州原発迷走か・・・

欧州「安全な原発」迷走 工事複雑、完成遅れ費用3倍 情報元 記事保存 有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。 > 新規会員登録 フランスやフィンランド、中国などで安全性の高い最新鋭の原子炉の建設が進んでいる。航空機の衝突などのテロや過酷な事故にも対応できるという。しかし、建設費が当初想定よりも大幅に膨らみ、逆風も強まる。チェルノブイリ…

続きを読む

●毎年、化石賞をもらっているので麻痺しているかなー

化石賞「石炭依存」の日本に…パリ協定に矛盾と環境団体 毎日新聞2016年11月18日  世界の環境保護団体で組織する「気候行動ネットワーク」は17日、地球温暖化対策の前進を妨げている国に贈る「化石賞」に日本を選んだ。  温暖化対策の新枠組み「パリ協定」を批准しながら、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出の多い石炭に依存し、石炭火力発電技術を海外輸出する矛盾した行動が理由。 …

続きを読む

●「ババ札」を掴ませられることにならないのかな・・・

仏EDF、アレバNPを買収-原子炉事業新会社に出資計画2016/11/18電気新聞 仏アレバは現地時間16日、フランス電力(EDF)との間で、アレバの原子炉事業子会社アレバNPの事業売却について15日に正式契約を結んだと発表した。2017年後半に売却を完了する予定だ。アレバNPの100%出資子会社で原子炉事業などを扱う新会社(ニューNP)の価値については25億ユーロ(約2900億円)に決めた。…

続きを読む