●なるほどなー上手く活用するなー

公営水力活用、地元企業に割安料金で供給/東北電力 2017/10/02電気新聞 ◆東北3県で新ブランド  東北電力は29日、岩手、秋田、山形の3県と共同で公営水力発電所の電力を活用した新たな電力供給ブランドを設立すると発表した。各県が運営する水力発電所から同社が購入した電力量を上限として、地元中小企業などを対象に、通常の電気料金よりも4~6%安い価格で電力を供給する。供給期間は、…

続きを読む

●電力事業再編の行方は混沌として「まとまりきれない」動きとなってきているぞー

東電HD、提携戦略の行方が混沌/他電力、対応ためらう 2017/09/22電気新聞 ◆国の政策議論も進まず/経産省主導による業界再編に反発も  東京電力ホールディングス(HD)が進める送配電事業、原子力事業の提携戦略の行方が混沌(こんとん)としてきた。送配電事業では経営統合を目的化せず、分散型電源の拡大や電力需要の減少を見据えたプラットフォームの構築、海外展開など、互いにメリットが…

続きを読む

●地産地消を目指すような条例が必要かな・・・

太陽光発電所アセス広がる 環境変化 条例で対応 本紙調査 2017年8月21日 東京新聞  急増している大規模な太陽光発電所(メガソーラー)が環境影響評価(アセスメント)法の対象外となっていることから、自治体が独自にアセスメントの対象とする動きが広がっている。本紙の調査で、二県がアセス対象として条例の規則に明文化し、三十四都府県では既存の条例の運用で対象となり得ることが分かった。原発に頼らな…

続きを読む