●地産地消を目指すような条例が必要かな・・・

太陽光発電所アセス広がる 環境変化 条例で対応 本紙調査 2017年8月21日 東京新聞  急増している大規模な太陽光発電所(メガソーラー)が環境影響評価(アセスメント)法の対象外となっていることから、自治体が独自にアセスメントの対象とする動きが広がっている。本紙の調査で、二県がアセス対象として条例の規則に明文化し、三十四都府県では既存の条例の運用で対象となり得ることが分かった。原発に頼らな…

続きを読む

安いに越したことはないが、本当に安いだけでええんか?その3

変わる電力 /下 再生エネ、普及見通せず 消費者の関心は格安 毎日新聞2017年8月3日 電力各社が電気料金を値下げする中、大阪いずみ市民生協では店舗での販売促進にも力を入れている=堺市で2017年7月25日  「コープでんきは8月1日からまた値下げします」。7月下旬の夕刻、買い物客で混み始めた堺市郊外の生協店舗で、スタッフが声を張り上げていた。  大阪いずみ市民生活…

続きを読む

安いに越したことはないが、本当に安いだけでええんか?その2

変わる電力(中)  原発安全対策1兆円 関電7基、揺らぐ「低コスト」 毎日新聞2017年8月2日  高浜原発を視察後、関西電力職員との会議で話す原子力規制委員会の田中俊一委員長(中央)=福井県高浜町で2017年7月7日、土屋渓撮影  ガン、ガン、ガン--。7月上旬、関西電力高浜原発(福井県高浜町)にごう音が鳴り響いていた。原発事故に備えた道路の拡幅工事でアスファルトが敷かれてい…

続きを読む