焼いて減らす!また拡散か

2017.11.16 福島民報 除染廃棄物焼却 初の広域化 葛尾の施設 3市町村分を減容 3市町村  環境省は15日、来月下旬に運転を再開する葛尾村の仮設焼却施設で、田村、三春、川内の3市町村の可燃性除染廃棄物を減容化処理すると発表した。同省が県内に設置、運営する仮設焼却施設での広域処理は初めて。各市町村にある除染廃棄物の仮置き場の早期解消と復興の加速化につなげる。  仮設焼却施設…

続きを読む

溶融した核燃料の取り出しか。うまくいくかなあ~

<福島第1原発>3号機建屋内、初公開 灰色の鋼鉄一面 2017.11.16 河北新報 3号機の作業床を視察する内堀知事(右)=代表撮影   東京電力は15日、使用済み核燃料の取り出し準備が進む福島第1原発3号機原子炉建屋の作業床を報道各社に公開した。炉心溶融(メルトダウン)した1~3号機の内部公開は初めて。内堀雅雄福島県知事も同日、現場を視察した。  公開したのは、地上36メート…

続きを読む

●このような仕方で「国民の声聞いた」といえるのかなー

核のごみ意見交換会 神戸会場、謝礼で参加動員 2017/11/14 23:57神戸新聞NEXT 原子力発電環境整備機構などが神戸で開いた意見交換会。日当を約束された学生らも参加していたという=11月2日、神戸市中央区三宮町1  原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定に向け経済産業省と原子力発電環境整備機構(NUMO)が開いた意見交換会で、神戸でも物品などの便宜提供を約束さ…

続きを読む