●遂に「トイレなきマンション」となるぞー

新基準適合の7原発14基 稼働10年で核燃プール満杯 2018年4月16日 東京新聞 東京電力福島第一原発事故後に策定された原発の新規制基準に適合済みの七原発十四基は、いずれも稼働後十年以内に使用済み核燃料を保管するプールが満杯になることが、電力各社への取材で分かった。保管場所を確保しない限り、運転が続けられなくなる。使用済み核燃料の保管も最終処分のめどもつけぬまま、各社は原発の見切り稼働を進…

続きを読む

●東電社員の「良心」でしょうね・・・

東電社員が作成証言「津波対策は不可避」 原発事故強制起訴公判 4/12(木) 8:05配信 福島民友  東京電力福島第1原発事故の約3年前の2008(平成20)年9月、東電内で「津波対策は不可避」との社内資料が作成されていたことが11日、分かった。東京地裁で同日、業務上過失致死傷の罪で強制起訴された東電の旧経営陣3人の第6回公判が開かれ、08年当時から事故まで津波対策を担当した現役社員が証言…

続きを読む

●役人の体質劣化が酷いですぞー

講演の原発説明 変更要求 北海道経産局、ニセコ高で 2018年4月6日 東京新聞  北海道ニセコ町の町立ニセコ高で昨年十月、国の委託事業の一環として開かれたエネルギー問題の外部講演を巡り、経済産業省北海道経産局が講師の大学助教に原子力発電に関する説明を変更するよう事前に求めていたことが分かった。一部住民は「教育への介入だ」と問題視。経産局は「中立公平な内容とするため助言した。不当行為ではない…

続きを読む