●他の有害物質も含んで希釈拡散となるなー公害の原点を忘れてるぞー

東電会長、汚染処理水の放出言及 福島第一から海に 2017年7月14日 東京新聞 東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質を含んだ処理水を巡り、同社の川村隆会長が報道各社のインタビューで「(東電として)判断はもうしている」と述べ、海に放出する方針を明言した。処理水はトリチウムを含み、第一原発敷地内のタンクに大量に保管されているが、風評被害を懸念する地元の漁業関係者らが海へ…

続きを読む

●機構だけの責任ではないでしょう。委員会や規制庁は何していたのか・・・

原子力機構被ばく事故1カ月 核物質4500点を不適切管理 2017年7月6日 東京新聞 日本原子力研究開発機構が長期間、核物質の容器4500個超を不適切に管理していたことが、原子力規制庁への取材で分かった。機構の被ばく事故は6日で発生から1カ月。こうしたいいかげんな管理体制が事故の背景となった。高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)の廃炉作業も担うことになっている機構。信頼される組織となる道は遠い…

続きを読む

●そーや津波対策先送りの「説明責任」を果たせー

「津波対策先送りか、説明を」 毎日新聞2017年6月30日  「経済性を優先して津波対策を先送りしたのではないか」。福島第1原発事故後、同原発に近い双葉病院(大熊町)に入院中だった父親を亡くした菅野(かんの)正克さん(73)は「3人(被告)にはきちんと説明してほしい」と語る。  東日本大震災の発生直後、大熊町で精肉店を営んでいた菅野さんは双葉病院に車を走らせた。父の健蔵さんは肺…

続きを読む