そうや!自治体が率先してやると再エネが進むんやねえ~

メガソーラー ため池で出力1.7メガワット 完成「地域活性化へ」 洲本 /兵庫                                   毎日新聞2017年9月28日 看板の除幕をする関係者=兵庫県洲本市中川原町三木田で  洲本市が所有する同市中川原町の農業用ため池「三木田大池」に、ため池では淡路島内最大のメガソーラー「龍谷フロートソーラーパーク洲本」(出力1・7メ…

続きを読む

すばらしい!広がれ「吹田方式」

大阪・吹田市 再生エネ比で電力購入 関電から切り替え 毎日新聞2017年9月28日   大阪府吹田市は10月、市が使う電力の購入先について、太陽光発電などの再生可能エネルギー比率の高い新電力会社に切り替える。再エネ比率を主な条件にした競争入札を行ったところ、再エネ比率が関西電力の約4・4倍の新電力が落札した。電力の入札で国は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量の少なさを主な評…

続きを読む

へ~未来の住宅地はこうなるのか!

国内初、電力融通し合う町 パナホームが10月開始 芦屋 09月21日 神戸新聞NEXT パナホームが開発を進める「スマートシティ潮芦屋」。右手奥が新事業の建設予定地=芦屋市涼風町  パナホーム(大阪府豊中市)は21日、兵庫県芦屋市で開発を進める「スマートシティ潮芦屋」で、太陽電池と蓄電池を備えた住宅間で電力を融通し合う「マイクログリッドシステム事業」を10月から開始すると発表した…

続きを読む