●行政府の「ぐるみ改ざん・隠ぺい」体質ではないかー

森友ごみ撤去費報告書 検査院が事前提示か 2018年6月6日 東京新聞  学校法人「森友学園」に国有地が約八億二千万円の値引きで売却された問題を巡り、会計検査院が昨年八月、国土交通省に対して、取引の妥当性を検証した報告書の原案を公表前に提示した疑いのあることが分かった。原案には値引き額に当たる地下ごみの撤去・処分費の試算額が盛り込まれていたが、国交省はその記載の撤回を強く要請したとされ、三カ…

続きを読む

●検察の忖度に伴う「官民格差」か、神鋼はやり玉に挙げられるや否や?

神戸製鋼データ改ざん 東京地検特捜部などが強制捜査 NHKニュース 6月5日  大手鉄鋼メーカー 神戸製鋼所が製品の検査データの改ざんを繰り返していた問題で、東京地検特捜部と警視庁は、不正競争防止法違反の疑いで神戸製鋼の東京の本社などを捜索し、強制捜査に乗り出しました。会社側の調査で改ざんされた製品の出荷先は600社以上に上っていて、特捜部と警視庁は組織的に不正が繰り返されていたと見て…

続きを読む

●これで大阪地検は不起訴とは摩訶不思議、三権分立はどこへ・・・

森友記録 首相答弁機に廃棄 佐川氏改ざん主導明記「政治家名出すな」 2018年6月4日 東京新聞  学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題で、財務省がまとめた調査報告書案が四日判明した。当時理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官が政治家名が記載された文書を「外に出すべきでない」と発言して改ざんを主導。安倍晋三首相が夫妻の関与を全面否定した国会答弁を契機に、森友…

続きを読む