●結局日本のエネ政策が問われるなー

2018/02/21 15:00
入札低調で太陽光普及に黄信号、系統接続問題が主因                                   日本経済新聞 2018/2/19  国内の再生可能エネルギー導入をけん引してきた太陽光発電。その普及に黄信号が灯っている。新設された入札で事業者の選別効果はあったが、系統接続の問題が残る。太陽光発電のさらなる普及拡大を進めるには、解決が求められる。 ■落札は募集容量の3割未満  経済産業省は、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の入札結果を2017年1..

続きを読む

●五輪で沸いている陰で下記のような動きを注視しましょう・・・

2018/02/20 14:48
1. 米戦闘機が燃料タンク投棄、青森 エンジン火災で湖に、けが人なし 2018年2月20日 東京新聞  20日午前8時40分ごろ、青森県の三沢基地を離陸した直後の米空軍F16戦闘機にエンジン火災が発生、同機は基地近くにある小川原湖(同県東北町)に燃料タンク2個を投棄した。同機は離陸の3分後に三沢基地に引き返して着陸した。米軍から連絡があり、小野寺五典防衛相が閣議後の記者会見で明らかにした。東北防衛局三沢防衛事務所によると、けが人や被害は確認されていない。  小川原湖の地..

続きを読む

●大手電力会社が自由化否定の哲学を捨てない結果ですかな・・・

2018/02/19 13:03
再生エネ パイプ「太く」 送電線の空き柔軟に  後発不利などルール課題                日本経済新聞 2018/2/18  太陽光や風力といった再生可能エネルギーを普及させるうえでネックとなっていた電力送電網の改革が2018年度、動き出す。今ある送電網に「すきま」をひねり出し、電気をより多く送れるようにする。低コストで大量導入できる切り札とされるが、費用転嫁のあり方など議論すべき点もたくさんある。  再生エネ事業者はおこした電気を主に大手電力の送電..

続きを読む

●そーか遂に3円下げとなる。再エネ業者も苦しーなー

2018/02/08 14:49
太陽光 買い取り3円下げ 中規模発電、18年度から 2018年2月8日 東京新聞  経済産業省は七日、太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及を目指す「固定価格買い取り制度」に基づき、二〇一八年度から中規模の太陽光発電の買い取り価格を現在より三円引き下げる方針を決めた。  出力が十キロワット以上、二千キロワット未満の太陽光の買い取り価格を現在の一キロワット時当たり二十一円から十八円に引き下げる。家庭などで使われる十キロワット未満の小規模な太陽光発電や、陸上風力については..

続きを読む

●今頃「反省」ですか・・・

2018/02/07 15:13
「メルトダウン想定せず」 首相、06年見解を「反省」 2018年2月7日 東京新聞 安倍晋三首相は六日の衆院予算委員会で、原発の全電源が喪失し、炉心溶融(メルトダウン)に至る深刻な事故は想定していないとの見解を二〇〇六年に示したことについて、反省を表明した。立憲民主党の菅直人元首相の質問に答えた。  第一次安倍政権は〇六年十二月、全電源が喪失する事故について「発生するとは考えられない」とする答弁書を閣議決定していた。菅氏はこの答弁書に触れ、「東京電力福島第一原発事故の発..

続きを読む

●電源構成で原発はわずか2%だぞー直ちにゼロできるぞー

2018/01/24 17:13
与野党 再生エネ普及目指す 立民「原発ゼロ」意見交換 2018年1月24日 東京新聞  与野党で再生可能エネルギーの普及へ向けた政策づくりが活発化している。立憲民主党は二十三日、策定中の「原発ゼロ基本法案」について市民団体メンバーや学者らと意見を交わした。自民党も同日、再生可能エネルギー利用の課題を検討する作業部会の設置を決めた。  「立憲民主党エネルギー調査会」(会長・逢坂誠二衆院議員)は、脱原発を掲げる「原子力市民委員会」との対話集会を開き、市民ら二百人が参加。逢坂..

続きを読む

もっと見る