●田中委員長の「忖度」としたか。それとも置き土産としたかな・・・

2017/09/14 14:45
【社説】原子力規制委 信頼なくして安心なし 2017年9月14日東京新聞  廃炉、汚染水、補償…。福島の事故を収束できない東京電力に、原発を動かす資格があるのだろうか-。原子力規制委員会の評価がぶれている。規制委が信用を失えば、私たちは安心を得られない。  東京電力福島第一原発の事故の後、国内の全原発が停止した。  二年近くに及ぶ“原発ゼロ”の時を経て、これまでに三原発五基が、3・11後の新たな規制基準に「適合」するとした原子力規制委員会の判断に基づいて、再稼働に至っ..

続きを読む

●へー田中さんの「置きみやげ」ですかね・・・

2017/09/07 17:10
柏崎刈羽原発、13日「適合」へ 「東電資格ない」一転 2017年9月7日 東京新聞  原子力規制委員会は六日の定例会合で、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)が耐震工事などをすれば原発の新規制基準に「適合」することを示す審査書案を、十三日に議論する方針を決めた。田中俊一委員長が十八日に任期満了で退任するのを前に、駆け込み的に道筋をつけた形だ。   東電は、福島第一原発事故の処理費用や、住民への損害賠償の費用を捻出するためには、柏崎刈羽の再稼働が不可欠..

続きを読む

●民進党の党首選の主張と比較すればどーなんや・・・

2017/08/25 15:35
政治と世論を考える<5> 原発ゼロの民意どこへ 2017年8月25日 東京新聞  「討論型世論調査」を覚えていますか。  3・11翌年の夏、当時の民主党政権が震災後の原発政策を決める前提として実施した。  政府としては初めての取り組みだった。  無作為抽出の電話による世論調査に答えた全国の約七千人の中から三百人ほどに、一泊二日の討論会に参加してもらい、専門家による助言や質疑を織り交ぜながら、参加者の意見が議論の前後でどのように変化するかを見た。  二〇三〇年の電力..

続きを読む

●うーん電力会社の体質ですかね・・・

2017/08/23 13:57
中部電協力金、残高10億円 住民に使途未公開 2017年8月23日 東京新聞  中部電力が浜岡原発(静岡県御前崎市)1~4号機を建設するのに伴い、地元の住民組織に支払った総額約三十億円の寄付金のうち十億円以上が、組織の役員以外の住民に知らされないまま現在もプールされていることが分かった。住民は寄付金の残高以外に使途についても詳細を知らされておらず、透明性を求める声が上がっている。  中部電からの寄付金は、原発建設に伴う「協力金」として1号機を着工した一九七一(昭和四十六..

続きを読む

●市民と野党共闘で勝利してほしいなー

2017/08/03 12:09
【茨城】知事選 鶴田さん、脱原発で共闘 6政党・政治団体が推薦 2017年7月22日 東京新聞  鶴田さんの推薦を表明したのは共産党、新社会党、緑の党グリーンズジャパン、茨城一新会、つくば・市民ネットワーク、とりで生活者ネットワークの六政党・政治団体。いずれも鶴田さんと政策協定を結んだ。  県庁で開かれた会見には、それぞれの政党などの代表者ら十五人が出席した。鶴田さんが、日本原子力発電東海第二原発(東海村)の再稼働に明確に反対を表明していることを推薦理由に挙げた。  ..

続きを読む

●さすが辛口の意見表明ですなー

2017/06/13 10:55
安倍政権の原発再稼働、輸出 「世界の識者は懸念」 2017年6月13日 東京新聞  衆院原子力問題調査特別委員会が新設した「助言機関」が12日、始動した。メンバーの専門家に対する初の参考人質疑で、黒川清会長(東京大名誉教授)は原発の再稼働や海外輸出について「人口が減るにもかかわらず、本当に大丈夫なのかというのが世界の識者の懸念だ」と語った。   黒川氏は東京電力福島第一原発事故の原因究明に当たった国会の事故調査委員会(二〇一二年解散)で委員長を務めた。  質疑では、安..

続きを読む

もっと見る