●「嘘から出たまこと」という見方もあるなー

2017/07/26 14:57
【社会】政府答弁「記憶ない」連発 「丁寧に説明」は「口調だけ」 2017年7月26日 東京新聞  学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設を巡る衆参両院の閉会中審査で、安倍晋三首相をはじめ政府側は「丁寧に説明する」と繰り返したが、野党は「変わったのは口調だけだ」と批判した。答弁に中身はなく、「記憶にない」を連発。二十四、二十五の両日で十時間に及んだ審議は空回りした。過去の答弁を修正してまで正当性を主張する政府に、野党は「加計ありき」の疑念を深め、加計孝太郎学園理事長らの..

続きを読む

●やっぱーですかね。安倍ちゃんよりましとしますかな・・・

2017/07/26 14:52
連合 「残業代ゼロ」容認撤回へ 政労使合意見送り 毎日新聞2017年7月26日  成果型労働制といわれる「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)導入を含む労働基準法改正案の修正を政府に求めて容認する姿勢を示していた連合が、一転して高プロの政労使合意を見送る方針を固めたことが関係者への取材で分かった。 <残業代ゼロ容認>「働く人守れない」過労死遺族ら反発 <残業上限「月100時間」 これは「過労死の合法化」だ> <労災で「心の病」が過去最悪 理由は「パワハラ..

続きを読む

●全てを格差社会としますかな???

2017/07/19 15:59
参院選1票の格差「違憲判断を」 最高裁、年内統一判断へ 2017年7月19日 東京新聞   「1票の格差」が最大3・08倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審弁論が19日、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)で開かれ、原告側は違憲判断を求めた。午後に結審し、年内にも判決で統一判断が示される見通し。  山口邦明弁護士のグループに所属する三竿径彦弁護士は「人口に比例した議員定数の配分は代表民主制の根幹をなす原理だが、いまだ実現..

続きを読む

●やはり冤罪多発のおそれですなー

2017/07/11 17:41
「共謀罪」法施行 元裁判官「冤罪の恐れが払拭できない」2017年7月11日 東京新聞・夕刊犯罪の合意を処罰する「共謀罪」の趣旨を含む改正組織犯罪処罰法が11日、施行され、今後は捜査機関の運用が課題となる。供述中心の立証となるため、東京高裁裁判長を務めた門野博(かどのひろし)弁護士(72)は「冤罪(えんざい)の恐れが払拭(ふっしょく)できない」と懸念する。   四十年間裁判官として務め、主に刑事事件を担当した。思い出すのは、茨城県内の強盗殺人事件で男性二人が立件された「布川事..

続きを読む

●元公安だけに的を得ているぞー

2017/07/10 15:53
「警察はより多く情報求める」 元公安警察・真田左近さん 2017年7月10日 東京新聞  静岡県警で公安警察官だった経験のある作家の真田左近さん(48)=ペンネーム、同県在住=は、「共謀罪」の趣旨を含む改正組織犯罪処罰法の施行で、「警察によるIT監視や市民監視が強まるのでは」と問題点を指摘する。  -共謀罪はテロ対策に役立つのか。  主にマフィア対策を目的とする国際組織犯罪防止条約に入るための立法。テロ対策との政府の説明は欺瞞(ぎまん)だ。テロ防止にあまり効果はないだ..

続きを読む

●沈黙しないぞー闘いを継続させていこう・・・

2017/07/10 15:50
あす「共謀罪」法施行 でも、沈黙しない 2017年7月10日 東京新聞  「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の施行が目前に迫った。東京都内では九日、成立を強行した安倍政権に怒りの声をぶつけようと多くの市民が練り歩き、学者らも集会で法の欠陥を指摘。立場を超えた抗議の声が、猛暑の都心に響いた。   「政府の共謀罪の説明は、はぐらかしてばっかり。なぜ必要なのか分からない。なのに、もう十一日には施行される。どこが国民に誠実なのか」。新宿区内では安倍晋三内閣の退陣を求..

続きを読む

もっと見る