●原発政策の矛盾に尽きるぞーエネ政策の抜本的転換が求められるがー

2017/05/19 18:42
(そこが聞きたい)核燃料サイクル政策  元京都大原子炉実験所講師・小林圭二氏 毎日新聞2017年5月15日  実用化の見通しなし  ウランを有効利用するという構想「核燃料サイクル」の中心だった高速増殖炉=1=の原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃炉が昨年末に決定した。政府は類似の「高速炉」の開発を打ち出すが、核燃料サイクル政策=2=は成り立つか。元京都大原子炉実験所講師の小林圭二さん(77)に聞いた。【聞き手・大島秀利】 --なぜ、高速増殖炉が核燃料サ イ..

続きを読む

●地元の声「運転延長反対」は重いなー

2017/05/09 16:44
記者の目 原則軽視の高浜原発運転延長=高橋一隆(福井支局小浜通信部) 毎日新聞2017年5月9日  立地住民の不信、頂点  福井県高浜町の関西電力高浜原発をめぐり、原発のすぐ隣に住む同町音海(おとみ)地区の住民が関電への不信感を募らせている。直接のきっかけは運転開始から40年を超える1、2号機の再稼働方針への反発だ。地区の総意として反対を表明した。関電は今月から来月にかけて3、4号機を順次再稼働しようと準備を進めているが、地元の信頼と理解を重視するのであれば、1、..

続きを読む

●そーや「場所と管理方法を」どのようにするか国民的論議課題ですぞー

2017/05/02 15:59
搬出先未確定610トン=廃炉7基の使用済み燃料-作業に影響も 時事通信20170501  廃炉が決まった全国の原発17基のうち、東京電力福島第1原発などを除く7基で、使用済み核燃料計約610トンの搬出先が確定していないことが30日、電力各社や日本原子力研究開発機構への取材で分かった。搬出先が確定しなければ建屋などの解体が計画通り進まず、廃炉が滞る恐れがある。  7基は新型転換炉ふげん(福井県)、高速増殖原型炉もんじゅ(同)、日本原子力発電敦賀原発1号機(同)、関西電..

続きを読む

●福島原発近くでは線量が高いなー

2017/04/10 16:35
本紙が実走調査でつくった楢葉町、富岡町の線量マップ 2017年03月29日東京新聞 本紙が車で実測した福島県楢葉町と富岡町の線量マップ  原発取材班は、東京電力福島第一原発事故による政府の避難指示が解除されて一年半がたった福島県楢葉町と、4月1日に解除される富岡町を車で走り、空間放射線量の状況を調べた。  調査は、1月11日、2月1、2日の3日間、車で2町の住民の帰還状況(3月22日付掲載)を調べるのと同時に実施した。  住民が事故前の一割ほど戻った楢葉町では、..

続きを読む

●おーい、70兆円ものすごい費用やんかー

2017/04/04 15:57
福島事故処理 最大70兆円 民間試算 政府公表の3倍超東京新聞2017年4月2日    東京電力福島第一原発事故の対応費用について、民間シンクタンク「日本経済研究センター」(東京)が総額五十兆~七十兆円に上るとの試算結果をまとめたことが分かった。費用が最大の場合、経済産業省が昨年十二月に公表した試算約二十二兆円の三倍以上。センターは「国民負担が大幅増の恐れがあり、国の原子力政策の見直しが必要だ」と提言している。  センターは大手企業や大学、自治体などが法人会員のメ..

続きを読む

もっと見る