●遂に「トイレなきマンション」となるぞー

2018/04/16 12:12
新基準適合の7原発14基 稼働10年で核燃プール満杯 2018年4月16日 東京新聞 東京電力福島第一原発事故後に策定された原発の新規制基準に適合済みの七原発十四基は、いずれも稼働後十年以内に使用済み核燃料を保管するプールが満杯になることが、電力各社への取材で分かった。保管場所を確保しない限り、運転が続けられなくなる。使用済み核燃料の保管も最終処分のめどもつけぬまま、各社は原発の見切り稼働を進めている。  新基準適合の原発は、関西電力が三原発七基と最多。うち再稼働済みは、..

続きを読む

●専門家の意見を聞かなあかんやろー

2018/04/05 14:52
川内原発、大量降灰対策の必要性 鹿児島県の原子力専門家委が指摘 2018/3/29 12:12神戸新聞 鹿児島市で会合を開いた川内原発の安全性や避難計画を検証する県の専門家委員会=29日午前  九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全性や避難計画を検証する県の専門家委員会が29日、鹿児島市で会合を開き、大規模噴火時の火山灰対策などを議論した。川内原発周辺では、霧島連山・新燃岳や桜島などで活発な火山活動が続いており、委員からは「大量降灰を想定して作業工程を考えるべ..

続きを読む

●おーい噴火を軽視したらあかんやろー

2018/04/05 14:49
新燃岳、噴煙5千メートル 爆発的噴火、噴石警戒 2018/4/5 06:50神戸新聞  霧島連山・新燃岳の爆発的噴火で火山雷を伴って上がる噴煙=5日午前3時47分、鹿児島県霧島市から  宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)で5日未明、爆発的噴火が起き、噴煙が今年3月以降の噴火活動では最も高い、火口から約5千メートルまで上がった。気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持し、火口から2キロ圏で火砕流に、3キロ圏で大きな噴石に警戒するよう呼び掛けて..

続きを読む

●関電美浜原発3号機の事故の教訓はどこへ・・・

2018/04/05 14:46
【社説】玄海原発 小さな穴の大きな教訓 2018年4月5日東京新聞  九州電力玄海原発3号機の配管で見つかった小さな穴は重大だ。原子力規制委員会の審査で「世界一厳しい基準」に適合とされ、再稼働した直後のトラブルだ。「アリの一穴」という故事もある。   直径約一センチの穴ひとつ、放射能を含まない水などを循環させる二次系の配管で見つかった。小さな穴で、放射能漏れもなかったとはいうものの、見過ごしにはできない出来事だ。  政府や大手電力事業者が「世界一厳格だ」と胸を張る、3..

続きを読む

●経産省は「時代遅れ」の選択となるのになー

2018/03/28 15:35
神鋼火力発電計画 経産省、環境アセス準備書「妥当」 2018.03.27神戸新聞  神戸製鋼所が神戸市灘区で計画する石炭火力発電所増設のため作成した環境影響評価(アセスメント)の準備書について、経済産業省は27日までに、「妥当」とする審査書案を取りまとめた。既に提出されている兵庫県知事や環境相の意見なども踏まえ、経産相が4月5日までに、神戸製鋼に対し審査内容を勧告する。  神戸製鋼は灘区の神戸製鉄所内に、出力計130万キロワットとなる石炭火力発電所2基の新設を計画。202..

続きを読む

●賢明な選択でしょうねー

2018/03/28 15:32
伊方2号機廃炉 再稼働、コスト回収困難 四国電、保有1基に 2018年3月28日東京新聞  四国電力は二十七日、伊方原発2号機(愛媛県伊方町)の廃炉を臨時取締役会で決定し、経済産業相に届け出た。佐伯勇人社長は同日午後、伊方町の高門清彦町長と面談し「再稼働した場合の運転期間などを考えると、安全対策工事に投資するコストの回収はリスクを伴う」と廃炉理由を説明した。  高門町長は「地元町長として率直に残念な気持ちだ」と述べ、残る3号機の運転に関し「安全第一と住民への情報公開の徹..

続きを読む

もっと見る