●これでは新電力が苦しいなー

2017/05/19 18:33
電力は余っているのに、なぜ市場価格は高い? 「バランス停止火力」の増加が売り玉不足招く 日経エネルギーNext電力研究会    2017/05/19 1) 電力不足は起きていないのに市場価格は高騰――。冬場、電力市場では不思議な現象が起きていた。これから夏場にかけて電力需要が伸びる中、小売電気事業者は電力調達の正念場を迎えるが、市場価格が高騰する懸念を払拭できない。その背景に迫った。  寒さから解放され、企業活動が下火になるゴールデンウィーク(GW)に..

続きを読む

●東電はやはり一度解体すべきでしょうね・・・

2017/05/10 15:38
東電に廃炉費積み立て義務 改正原子力賠償機構法が成立 2017年5月10日 東京新聞  東京電力ホールディングスに対し、福島第1原発事故の廃炉費用の積み立てを義務付ける改正原子力損害賠償・廃炉等支援機構法が10日、参院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立した。廃炉には8兆円もの巨額の費用がかかる見通しで、国の関与も強めて安定的な資金の確保を狙う。年内の施行を目指す。  積立金の額は毎年度、機構が定めて経済産業相が認可する。廃炉作業に使うため積立金を取り崩す際には、..

続きを読む

●根本の「日本のエネルギー政策」にメスをいれることが大切と思うがなー

2017/05/08 14:48
電力業界を悩ます3つのジレンマ 自由化、東電、原発問題、解けぬ連立方程式 日経ビジネス20170508  「日経ビジネス」4月24日号特集のため東京電力ホールディングスについて取材した。事故から6年、巨額の事故処理費用を負う東電は今どのような状態にあるのか、どこに向かおうとしているのか、関係者に話を聞いて回った。  取材を進めるなかで浮かび上がってきたのは、電力業界や所管する経済産業省が抱えるジレンマだ。解決できれば業界は大きく変わるかもしれない。一方で、これをすっ..

続きを読む

●日本も炭素税について導入の議論を大きくしていこう

2017/05/08 14:44
グローバルオピニオン フォームの始まり 炭素税、成長戦略の財源に 米コロンビア大教授 ジョセフ・スティグリッツ氏 情報元                          日本経済新聞 2017/5/5付  トランプ米大統領が、これまで米国が進めてきた温暖化対策の撤回に動いている。トランプ氏は対策の見直しで恩恵を受ける特定の企業や組織に近い人たちを閣僚にした。経済学者を含めたがらず、科学技術顧問も決めていない。近代科学に理解を示すか、せめて耳を傾けるようになっ..

続きを読む

●もっとたくさんの方が増えると良いですなー

2017/04/28 12:45
生放送!とことん共産党「農業と日本の未来」 「隠れ共産党」の小松岡山大学大学院教授語る「赤旗取ります」宣言も2017年4月28日(金)しんぶん赤旗 日本共産党のインターネット番組「とことん共産党」は26日、小松泰信岡山大学大学院教授、紙智子参院議員をゲストに迎え、「なぜいま『隠れ共産党』? 農業と日本の未来」をテーマに放送しました。司会は小池晃書記局長・参院議員。  小松氏は農業協同組合新聞(電子版、昨年12月28日付)のコラムで、「純粋に農業政策を協議するに値する政党..

続きを読む

●国民への付けはこのようなものに・・・

2017/04/26 21:55
東電バブル 22兆円に笑う業界 泣く業界 日経ビジネスonline20170426 原発処理費用、22兆円のウソとそのワケ国民負担、国と電力会社のフリーハンドに 昨年末、政府の東京電力改革・1F問題委員会(東電委員会)が発表した資料では、福島第1原子力発電所の事故処理費用が約22兆円と試算された。当初想定の2倍に膨らんだことが話題を呼んだが、東京電力ホールディングスの改革の動きに注目してきた識者からはむしろ「この程度の額で収まるわけがない」と批判の声が上がっている。国はな..

続きを読む

もっと見る