●「原子力ムラ」へ配慮した曖昧さを残すまとめですぞー

2018/04/11 15:10
2050年提言に原発堅持方針再生エネ数値示さず経産省有識者会議 2018年4月11日東京新聞  長期的なエネルギー戦略を話し合う経済産業省の有識者会議は十日、二〇五〇年に向けた提言を取りまとめた。五〇年までに二酸化炭素(CO2)を大幅に減らす「脱炭素化」を打ち出した。そのための手段としては、再生可能エネルギーを「主力電源」と位置付ける一方で、原発も脱炭素化の技術として堅持し技術開発を継続的に推進する方針を示した。再生エネ導入についての数値目標も示さず、どの技術にどれだけ重..

続きを読む

●そーか再エネを「主力」とした流れですなー

2018/03/29 14:40
第5次エネ基本計画、再エネ「主力」に位置付けへ 2018/03/28電気新聞 ◆原子力は脱炭素へ重視  今夏にもまとまる予定の第5次エネルギー基本計画の方向性が見えてきた。再生可能エネルギーを初めて「主力電源」と位置付け、コスト削減や長期にわたって安定的に発電できるような環境整備を推し進める。系統制約の緩和に向けた取り組みも講じる。一方、原子力は引き続き「重要電源」とするなど、現行の枠組みが維持される見通し。2030年度の電源構成(エネルギーミックス)には踏み込..

続きを読む

●そーや原発では見通し立たずですからなー

2018/03/29 14:38
JERA、再エネ300万キロワット開発へ 2018/03/29電気新聞 ◆海外火力不調で活路探る、東電HDも推進姿勢  東京電力フュエル&パワー(F&P)と中部電力の合弁会社JERAが自らの成長に向けて、再生可能エネルギー開発に注力する姿勢を鮮明にし始めた。2025年度までに国内外で現状の7.5倍にあたる300万キロワットの開発を目指す。大規模洋上風力などを開発の中心に据え、欧州のプレーヤーとの連携を視野に入れる。一方で、成長が見込める再生可能エネ事業は東電ホールデ..

続きを読む

●大手電力事業者の「拡張主義」が強く出ているぞー

2018/03/29 14:36
【社説】電気・ガス改革 消費者目線忘れずに 2018年3月29日 東京新聞  中部電力と大阪ガスが首都圏での電気・ガス販売で提携した。市場競争の激化で料金が安くなることは歓迎したいが、大手同士の事業再編が進めば、体力に劣る参入事業者には厳しい環境となる。  小売りの全面自由化から電気で二年、都市ガスで一年となる四月、中電と大ガスは首都圏で共同販売する新会社を立ち上げる。それぞれ地盤の中部と関西で他社の攻勢にさらされる中、今後も人口流入が続くとみられる首都圏を有望市場と見..

続きを読む

●経産省は「時代遅れ」の選択となるのになー

2018/03/28 15:35
神鋼火力発電計画 経産省、環境アセス準備書「妥当」 2018.03.27神戸新聞  神戸製鋼所が神戸市灘区で計画する石炭火力発電所増設のため作成した環境影響評価(アセスメント)の準備書について、経済産業省は27日までに、「妥当」とする審査書案を取りまとめた。既に提出されている兵庫県知事や環境相の意見なども踏まえ、経産相が4月5日までに、神戸製鋼に対し審査内容を勧告する。  神戸製鋼は灘区の神戸製鉄所内に、出力計130万キロワットとなる石炭火力発電所2基の新設を計画。202..

続きを読む

●未来は脱原発の時代を目指そう・・・

2018/03/19 16:57
3・11と再生可能エネルギー 福島発世界をめぐる風 2018年3月19日 東京新聞  七年たった。原発事故の後始末は進まない。だが、福島から昇った太陽は世界を照らし、福島から吹く風は世界をめぐる。変われない日本を残し。  二〇一一年三月十二日午後三時三十六分。福島第一原発1号機、水素爆発-。  「ああ、やっちゃった…」  NPO法人代表理事の萩原喜之さん(65)は、ニュースを見ながらつぶやいた。きのこ雲のような白煙がぼやけて見えた。  襲ってきたのは恐怖でも怒りで..

続きを読む

もっと見る