●データーそのものの科学性を担保できる仕組みとなるのかな・・・

2017/11/02 15:21
2017/11/2 06:00神戸新聞NEXT 神鋼に県と神戸市がデータ提出要請 火力発電アセス検証  神戸製鋼所による石炭火力発電所増設計画で、環境影響評価(アセスメント)の信頼性を検証するため、兵庫県と神戸市は1日、同社に対し、環境調査の基礎データの提出を要請した。同社の製品性能改ざん問題の影響で、県は計画審査手続きを延期しているが、県は「検証終了や審査再開の時期はまだ見通せない」としている。  県と神戸市、芦屋市の審査会などが8月から、同社がまとめた環境影響評..

続きを読む

●廃炉は賢明な選択ですぞー

2017/10/18 15:10
大飯1・2号機廃炉へ 大型炉初 安全対策費重く 2017年10月18日 東京新聞  関西電力が停止中の大飯原発1、2号機(福井県おおい町)を廃炉にする方針を固めたことが十七日、分かった。二基は二〇一九年に営業運転開始から四十年を迎えるが、最長六十年まで延長するには安全対策に巨額の費用負担が生じるため、再稼働を断念した。出力百万キロワット超の大型原発が廃炉となるのは、東京電力福島第一原発以外では全国で初めて。国や地元自治体との調整を進め、年内にも正式決定する。  政府はエ..

続きを読む

●都合の良いデーターにしていないか不信が募るなー

2017/10/17 12:04
2017/10/17 06:00神戸新聞NEXT 神鋼火力発電所 不正子会社が環境影響評価担当 石炭火力発電所の増設が計画されている神戸製鋼所神戸製鉄所=神戸市灘区(2016年11月)  神戸製鋼所による製品データ改ざん問題で、同様に自社製品のデータを改ざんした同社子会社「コベルコ科研」(神戸市中央区)が、神戸製鉄所(同市灘区)で計画されている石炭火力発電所増設を巡る環境影響評価(アセスメント)の現況調査などを担当していたことが、16日分かった。既に兵庫県は「神戸..

続きを読む

●このような会社に石炭火力発電所の増設を認めるわけにはいかんぞー

2017/10/16 17:05
2017/10/16 神戸新聞NEXT 神鋼、電力事業に暗雲  改ざん影響で揺らぐ「稼ぎ頭」  神戸製鋼所(神戸市)がアルミニウム製品などのデータを改ざんした問題で、同社が同市灘区で2021年度からの稼働を目指す石炭火力発電所の増設計画(2基、合計出力130万キロワット)に遅れが生じる可能性が出ている。データ改ざん問題を公表して15日で1週間。この間にも新たな不正が見つかるなどして批判は強まっており、建設に必要な環境アセスメントの手続きが一時ストップした。電力事業は「稼ぎ..

続きを読む

●なるほどなー上手く活用するなー

2017/10/02 16:03
公営水力活用、地元企業に割安料金で供給/東北電力 2017/10/02電気新聞 ◆東北3県で新ブランド  東北電力は29日、岩手、秋田、山形の3県と共同で公営水力発電所の電力を活用した新たな電力供給ブランドを設立すると発表した。各県が運営する水力発電所から同社が購入した電力量を上限として、地元中小企業などを対象に、通常の電気料金よりも4~6%安い価格で電力を供給する。供給期間は、2018年4月から20年3月までの最長2年間。今回の取り組みを通じ、企業の進出によ..

続きを読む

●電力事業再編の行方は混沌として「まとまりきれない」動きとなってきているぞー

2017/09/25 15:35
東電HD、提携戦略の行方が混沌/他電力、対応ためらう 2017/09/22電気新聞 ◆国の政策議論も進まず/経産省主導による業界再編に反発も  東京電力ホールディングス(HD)が進める送配電事業、原子力事業の提携戦略の行方が混沌(こんとん)としてきた。送配電事業では経営統合を目的化せず、分散型電源の拡大や電力需要の減少を見据えたプラットフォームの構築、海外展開など、互いにメリットがある課題で他電力の協力を求める方向だが、理解を得られるか不透明だ。原子力事業の提携..

続きを読む

もっと見る